読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The beat goes on - わたしは生きてる。

フリーライターのブログ。二児の母。日常の中の非日常、「書きたい衝動」を仕舞う引き出しデス。

2017年のガンズと私

おんがく

ガンズ&ローゼス 日本公演

2017.1.29 さいたまスーパーアリーナ

 

もうすぐファン歴30年になる。

でも自分にとってガンズの何が特別なのか、考えたことはなかった。

それを考え始めたのは、ライブ前日のことだ。

 

世の中には多くの音楽がある。私だって数多くのバンドを聞いてきたし、数多くのジャンルを聞いてきたし、星の数ほどのライブを見てきた。

 

そんな中で、たどり着いた。

ガンズを測るのに相応しいのは、【熱量】という単位なんじゃないか。

 

1988年11月、洋楽の詳しい友達に「MUSIC LIFE」という雑誌が面白いよと教えてもらい、小遣い1000円の中から700円を捻出して買ったMUSIC LIFE 12月号。

表紙のなんだか悪そうなお兄さんたち。悪いことしているような、大人の世界を覗き見しているような気がして、親に怒られるんじゃないかとビクビクしながら買ったものだ(買った雑誌はしばらく隠して読んでいた)。

その号は、ガンズ特集だった。読めば読むほど破天荒でめちゃくちゃなメンバーの素行や、発言の内容がよくわからない酔っ払いのインタビューがたんまりと掲載されていた。中学にやっと慣れ羽を伸ばし始めた自分には、なぜかそれが次に開けるべき扉のように思えた。

 

そして、12月。新宿の駅構内にあった小さなレコードショップで、当時レコードもCDも高価で買えなかった私は「GN'R LIES」と書かれた輸入カセットテープを買った(ちなみにAppetite for Destructionもずっとテープで聞いていた)。

 

それから約30年が経つ、そう思うとクラクラする。

当時の幼い自分はもういないし、当時の破天荒なガンズももういない。

ただ当時も今も、ファンとガンズの間に爆発的に流れる【熱量】は、圧倒的だ。

 

今でも「Appetite for Destruction」を聞くとその疾走感に驚く。

スティーヴン・アドラーのドタドタした安定しないドラム。それまでの超絶テク・ギタリストとは一線を画す、スラッシュの歌心ギター。パンク上がり見え見えのダフのベース。前例のないアクセルの圧倒的なヴォイス。

バンド全体も押しては引く波のような独特のグルーヴを持ち、そのあたりが当時「メタル?パンク?」と評された所以であろう。それらすべてをロケットエンジンのような疾走感が引っくるめて暴走し、今となっては彼らの楽曲自体が起爆剤の体をなしている。

 

わたしは、当時の自分を探しに行ったんじゃない。

今の自分を見つめるために行ったんだ。そんな感じがした。

そして、もちろん当時のガンズじゃない。今しかない今のガンズに会いに行った。

 

そこには、20年以上の確執、不仲を乗り越え、笑顔でステージに立つアクセル・スラッシュ・ダフがいた。

絶対にオリジナルメンバーの再結成はない、そう思っていた多くのファンにとって、奇跡のツアー。そこには決して表向きだけではない、わだかまりを芯から融解したであろう彼らが、安心して大好きな曲を演奏する姿があった。

 

彼らが来日するかぎり、私は会いに行くだろう。

でもまた彼らのことだ、いつ離れ離れになるかわからない。

それに完璧主義アクセル、今のようなステージパフォーマンスができなくなったらもうツアーに出ないだろう。

 

そんなことを考えると、一つ一つが奇跡に思える。メンバーが全員ヤク中アル中を断ち、良い形で健康で今も音楽をやっていること。私たちが健康でライブを見に行けること。日本とアメリカが戦争状態ではなく、文化的な交流ができること。明日何が起こるかわからない世の中で、音楽を楽しめる気持ちを持てていること。

 

昔みたいに、「必ず来年も!」なんて思わない。また会えるまでには、2、3年はかかるだろう。

でもその時に、今回みたいに凄まじいステージを見せてくれたらいい。飛び跳ねて叫んで楽しめたらいい。

その日を楽しみに、今日からまた頑張っていける。

そんなバンドに出会えて、心底、幸せだと思う。

ありがとう、Guns n' Roses。ありがとう、このツアーに携わったすべてのひとたち。そしてありがとう、幼い子がいながら快く行かせてくれた、最高の家族。

 

f:id:yayoi-ozawa:20170130142527j:plain

 

f:id:yayoi-ozawa:20170130142550j:plain

 

f:id:yayoi-ozawa:20170130142552j:plain