The beat goes on - わたしは生きてる。

フリーライターのブログ。三児の母。「書きたい衝動」を仕舞う引き出しデス。

子育て悩みの解決はニコニコに尽きる。

「夜泣きする」

「ご飯をきちんと食べない」

「片付けない」

「おむつが取れない」

「口ごたえする」

「よく泣く」

「兄弟喧嘩」

「字の修得が遅い」

 

子育ての悩みは次から次へ噴出する。

でも気がつくと、前の悩みは自然に解決していることが多い。

 

上記のような悩みを解決するために、親が出来ることは実は少ない。

成長の過程で通るべき道を通っているにすぎないからだ。1歩階段を上がれば、見える景色はぐんと変わる。悩みも変わる。

 

もしそうなのだとしたら、細かいことに悩んで、いちいちイライラして子供に指示しているのが無駄なことに思えてくる。

それよりも、悩みのことは一旦、四次元ポケットに仕舞って、親も一緒に子と笑い転げたり驚いたりしながら毎日を過ごせた方がどんなにいいか。

そうすると、これらの悩みは「表面的な事象」にすぎないことや、奥にある本質の存在に気がついたりする。

 

それに、ニコニコした親に協力を求められたら、子供だって気持ちよく片付けるかもしれない。

トイレにだって、行っちゃうかもね。

 いっぱい褒めてもらえたら、もっと頑張っちゃう。

 

だって、一番手のかかる時期は、一番かわいい時期。

あっという間に成長してしまうのだもの。

親だって、満喫しないともったいない。

 

でも、一人目のときはこんな風に感じられなかった。

二人目育児にも、たくさんのことを学んでます。

子育ては、深い。


f:id:yayoi-ozawa:20170430000837j:image