The beat goes on - わたしは生きてる。

フリーライターのブログ。三児の母。「書きたい衝動」を仕舞う引き出しデス。

幼児教育・保育無償化について<続き>

内閣府子ども・子育て会議」の現場からのレポートです。

<本文より抜粋>

(前略)特に伝えたかったのは、無償化に関して「認可外保育は除外する」という情報が出ている点への異議、懸念です。

待機児童を平成32年度末までにゼロにする政策が推し進められ、企業主導型保育も促進され平成28、29年度には5万人の受け皿確保、平成29年にはさらに2万人の受け皿確保に取り組み「子育て安心プラン」を前倒しする動きが出ています。これ自体は非常に素晴らしい取り組みだと思います。しかし、このような企業主導型保育所はいわゆる「認可外保育所」となります。そこには、認可外保育所に最初から入所したい人よりも、認可保育所に入れずに否応なく認可外保育所に行く人が多い現状があります。
罪のない子供たちやご家庭に、格差や不公平があってはならないと考えます。
(※以上は11/7の会議時点、現時点では「認可外保育は対象外」を否定する旨も報道されています→幼児教育無償化 200万人増:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO23254940Y7A101C1MM8000/)(後略)

 

www.facebook.com