The beat goes on -

フリーライターのブログ。三児の母。FWAフリーライター協会代表

フリーライター講座・内容のご紹介 1

Free Writer's Association(FWA)ライター講座を立ち上げ、早2ヶ月がたちました。

今日より、どのように講座が進んでいくのかを少しずつご紹介しようと思います。

 

月に一度、課題が送付されます。

内容については、受講するまで内緒です(限られた時間でテーマについて考察するのも、大切な練習だからです)。

課題を受け取ったら、次の月までに提出。その後、3度の書き直しで「お金をいただけるレベル」にまで持っていくのが目標です。

 

f:id:yayoi-ozawa:20181106155049j:plain

全12回の内容は以下。

 

<ライター養成スクール 入門編 課題例> 
 
​(前半1〜6:後半7〜12)
 
1. 身近なテーマのライティング 1  (短・レベル低)
 
2. 身近なテーマのライティング 2  (中・レベル低)
 
3. 身近ではないテーマの情報収集・ライティング 1  (中・レベル低)
 
4. 身近ではないテーマの情報収集・ライティング 2  (中・レベル中)
 
5. インタビュー記事化 1 (個人) (素材あり)
 
6. インタビュー記事化 2 (個人) (素材なし、収録から記事化まで)
 
7. インタビュー記事化 3 (対談) (素材あり)
 
8. メディア発表会 記事化 (中・レベル低)(素材あり)
 
9. メディア発表会 記事化 (中・レベル中)(素材あり)
 
10. キーワード(SEO)ライティング (短・レベル中)
 
11. キーワード(SEO)ライティング (中・レベル中)
 
12. 長文記事(5,000字程度)ライティング (長・レベル中)
 
 
*課題は事前予告なしに変更となる場合があります。
 
 
1度目の添削では、テーマの選定、パラグラフ構成など大枠をチェックします。必要な場合は、ネットを使ったリサーチ方法も伝授します。
2度目の添削では、それぞれのパラグラフの内容を精査・修正します。
3度目の添削では、言葉の使い方、句読点のリズムなど細かい点を修正し、完成に持っていきます。
 
こういった手法は、私が日々のライティングや編集作業や校正作業でやっているのとほぼ同じで、あまり何度もやりとりせず、可能な限りシンプルな工程で完成まで持っていけます。
 
全くライティング経験のない方については、この限りではありません。しかし数をこなしていくうちにだんだんとコツをつかめ、数ヶ月のうちにまとまりのある、魅力溢れる「読ませる文章」が書けるようになると、信じています(ご本人の努力と、意識の高さが必要なことはもちろんですが)。
 
ちなみに、受講されている方には月に一度、秘密のメルマガが届けられます。
こちらには、楽しく&力強い文章をスイスイと書くためのコツや、日々の練習のポイントなどを書いています。
 
もしご興味のありそうな方がいらしたら、ぜひご紹介ください!
 
 
--------------------------------------
 
私は、ライターになる前は飲食店を経営していました。
 
飲食店に勤務したことはあっても経営などしたことがなかったし、ブログを書いたことはあっても文章を書くことでお金をいただくことはなかったし、ライターになっても人に教えることはありませんでした。今までは。
 
だからといって、ライティングの先生になれないわけはないし、ライターになれないわけもないし、飲食店の経営者になれないわけではないのです。すべてここ10年で、起こったことです。(ついでに、結婚と3回の出産もしました)
 
やったことがないけれども、やれると思ったら飛び込んでみる。
そうしないと、人生は変わらない。
失敗したら戻ればいいんです。その失敗したチャレンジを責める人がいたとしたら、その人はあなたのことを本当に考えて、責めているのでしょうか。
 
飲食店は5年で閉めることになりましたが、かけがえのない貴重な経験となりました。
今では、自分で自分の人生をどちらの方向にも切り開けることがわかったので、将来安泰だと思っています。
皆さんも、次の扉は自分で決め、自分で開けてみませんか。
たとえ失敗したとしても、そこで得た経験とスキルは、絶対にあなたを裏切ることはありません。