The beat goes on -

フリーライターのブログ。三児の母。FWAフリーライター協会代表

フリーライター講座・内容のご紹介 2

f:id:yayoi-ozawa:20181109115044j:plain

本日は、先日に続きましてFWAフリーライター講座についてのご紹介です。

 

私がこの講座を立ち上げた目的は、ライター講座を開設することではありません。禅問答みたいですね。でも、そうなんです。

FWAフリーライター協会は、将来的にライターのつながれる互助組織のようなものを目指しています。そのなかで、今まで一人ではさばききれなかったライター案件を、実力のあるライターさんに振り分けていけるようなスキームを作りたいのです。

 

FWAに仕事を依頼すれば、間違いないクオリティの原稿が上がってくる。信頼をいただけるような組織になれれば、おのずと案件は増えてきます。

ライターとして稼いでいきたい方々も経験が積め、独立を実現する方も出てきたりして、みんなハッピー。こんなイメージを描いています。

 

ただそのためには、ある程度の実力を持ったライターさんに一定数在籍してもらうことが、必要です。しかしながら、ライターさんのスキルというのは実際に仕事をしてもらわないとわからないもの(トライアル1、2本では不十分)。またライターさん側も、よく素性のしれない団体に登録などしてくれないのではないでしょうか。

 

それなら、一緒にスキルアップすればいい。

それが一番確実に、実力のあるライターさんを集められる。と思いました。さらなるクライアントを獲得する時間も稼げます。

 

文章を書くという仕事は、AIにはできません。誰かが何かを発信したい時、文章という手段は絶対に無くなりません。

とても根源的で、とてもシンプルなスキル。ライティング。

私はこの魅力を、多くの方に伝えていきたいと考えています。

 

詳しくは、こちらをお読みください。

FWA フリーライター協会 | Our Mission

 

さてここで、私の日常生活を少しご紹介したいと思います。

例えば、先週・今週。

 

10/29 (月)カリフォルニアワイン協会のイベント取材(昼・品川) ヨガ(家・午後)

10/30 (火)私用で外出(午前) 原稿書き(午後)

10/31 (水)友人とランチ〜渋谷のバー(午後・今度取材させていただく方へご挨拶&昼飲みしちゃいました)

11/1   (木)FWAコース生に課題送付(午前) 原稿書き(午後)ヨガ(家・夕方)

11/2   (金)原稿書き(午前) 保育園のバザーで販売用のお菓子作り(午後・失敗しやり直し)

11/5  (月)ドイツワインのイベント取材(昼・品川)*この日は下二人が風邪で保育園休みのため、夫が早退してくれました

11/6  (火)末っ子のみ休み 原稿書き(午前・昼寝中のみ) 小児科(午後)

11/7  (水)歯医者(午前) 原稿書き・写真整理・昼寝(午後)

11/8  (木)末っ子のみ休み 小児科(午前) 買い物、原稿書き(午後)

 

子が小さいので(6歳、3歳、1歳)、あまり取材予定を詰めないようにしているのですが、それでも発熱したときに取材が重なることはあります。そのため、夫や家族の協力は不可欠。

ただ、取材さえ行っておけば、その他は子が風邪で在宅していても、昼寝をしている時間に作業ができます。私の気配がないと早く起きてしまうことがあるので、ノートPCを寝室に持ち込み、起きてしまいそうな時は必死に背中をトントン(笑)。そういったタイミングのほうが実は作業に集中でき、昨日は2時間で4000字を書き上げることができました。

 

まだ子に夜中起こされることも多く、特に風邪気味のときは咳き込んだりして何度も起きるので、なるべく子の就寝後に作業はせず、とにかく一緒に早く寝ています。

その分、早朝に目がさめるため、朝から布団の中でメールチェックや、前日に書いた原稿を読み直すなどし、次に作業するタイミングでスムーズに入れるよう準備。

また、自分の体調が悪い時や寝不足の時は、思い切って30分程度、昼寝!と決めています。

なぜなら、眠い時に書いた原稿ほど、あとで読みづらいものはありませんから。。。

 

大きなメリットをもう一つ。

家にいる時間が多いので、最低限の掃除や最低限の夕食の準備、保育園の送りの帰りに買い物などができます。これができるだけで、心の余裕が持てるもの。在宅勤務が早くもっともっと多くの企業に導入されたら、それだけでも心に豊かさを保てるような気がしますね。